読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

higurashi

日常の侘び寂びを切り撮ったブログ。

せんこうHANABI♪

夏といえば、花火♫


花火のなかでも線香花火が好き。今ではほとんどの花火が外国産。
国産といえば、『井筒時正』
和紙を草木染めで染色し、職人の手によって一本一本丁寧に縒り上げられています。

夏の風情がある線香花火はその名は江戸時代、香炉に線香のように立てて遊んだことからとされ、ゆったり姿を変える火花は、最初に先に玉ができるのを「牡丹」、玉が激しく火花を発するのを「松葉」、火花が小さくなるのを「柳」、消える直前を「菊」と呼びます。

長持ちさせるコツは、
真下でなく、斜め下向きが理想です。玉が落ちにくくなり、最後の余韻まで長く楽しめます。


【松葉】
DSC_3894

 

【松葉】
DSC_3892

 

【菊】
DSC_3904

ワインと同様、線香花火も「熟成」によって味わいが深まります。
時を経た線香花火は、どこかやわらかく、温かみのある火花を散らします。

 

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます
皆様のポチで励みななります^^
 
 

 

広告を非表示にする